悪嵐の汚部屋。そのいち。

汚部屋…それは、拙い小説や下手な絵を載せるところ。そのいちがあるということは、そのにがあるということ。

のーたいとる。

最近、noteと呼ばれるものに浮気し、それがバレました。悪嵐です。

前回投稿したのが、インフルエンザから復活したという報告でしたね。それ以降何をしていたのか、というと、noteに絵や実録などを投稿していました。たくさんの「スキ」をもらってめちゃくちゃ嬉しいとなっていて…こちらのはてなブログを放置していたわけです。

このままnoteに移行してもいいのかな、と思っているのですが、せっかくアメブロから引っ越してきたのに、すぐにまた引っ越すのはどうかと思うので…何かしら書いて投稿しようかな、と思っています。その何かしらが何なのか僕にもわかりませんが、とりあえず、そうしておきます。

復活!

お久しぶりです。悪嵐です。

インフルエンザになっていました。えへへ。…笑い事じゃないか。

すごくつらかったです。インフルエンザなんて小学生のとき以来で、「こんなにもつらいものだったのか」と驚きが隠せませんでした。

f:id:Alarn99_717:20190207084320j:image

『インフルエンザ(仮)。』は、インフルエンザなりたてほやほや、思考回路めちゃくちゃの状態のときに書いたものなので、治ったあとにそれを見ると「うわ…、これ、僕が書いたの…?いつもの文章もひどいけど、それ以上にひどすぎ…」となりましたね…。

f:id:Alarn99_717:20190207085627j:image

インフルエンザになった理由ですが、たぶんいくつかあって、それらが重なったからだと思っています。今年度はインフルエンザの予防接種を受けなかったり、手洗いうがいを怠ったり、急に生活リズムが変わったり、元々あまり体が強くなかったり、学校でインフルエンザ流行っていたり、…などなど。それらが重なっていたからこそ、マスクしていてもインフルエンザになってしまったのだと思います。

周りが予防接種受けていなくても平気と言っていても、僕はダメみたいなので、今度からちゃんと予防接種受けることにします。今回みたいに気持ち悪くなりたくない。

治った今では、インフルエンザの実録漫画的なものか、実録小説的なものをまとめたいなぁ、なんて思っていたりしていますが、ところどころ記憶があやふやなところがあるので、一旦それは保留にしておきます。代わりに、インフルエンザになっている間に見た不思議な夢をまとめようかなと思います。そちらならメモっていますし、あまりにもインパクトが強すぎて覚えているので。小説のネタにもなるから一石二鳥ですね。

それでは〜´ω`)ノ

インフルエンザ(仮)。

反応は出なかったけど、症状的にインフルエンザだと診断されたので、『インフルエンザ(仮)』になっています。

土曜日(昨日)はずーっと吐き気があり、トイレに引きこもっていました。

日曜日(今日)は昨日よりマシですが、まだ気持ち悪さがあります。2日連続食事をしないとかやばいと思うけど、吐くよりマシかな…。

来年からインフルエンザのワクチンは絶対にする、と心からそう思っています。周りが「ワクチンしなくてもインフルエンザならない」と言っても、僕は現になってしまったので、絶対に予防接種します。

皆様も、予防接種と手洗いうがいをきちんとしたほうがいいですよ…。

こう見えて(?)20歳です。

f:id:Alarn99_717:20190103142014j:image

成人式なんか絶対に行きません。たぶん21歳以降になっても、成人式行かなかったことへの後悔はないと思います。僕がそういう人間であるということを、誰よりも知っています。

あと、8月某日に友達からLINEが来て、中学の同窓会に行くか聞かれましたが、それも「行きたくない」と断りました。その友達が聞くまで同窓会の連絡なんて全く来ていなかったので、きっと僕は行かなくてもいい存在なんだと思います。ていうか、本当に行きたくない。友達には申し訳ないけど、本当に行きたくない(大事なことなので2回言いました)。

というのも、中学時代(正確に言うと小学・中学時代)、僕はいじめられていまして、中学3年生のときに同窓会なんか誰が行くかと思いながらいやいやタイムカプセルを作り、そして卒業した身です。そんな僕が同窓会に行けるわけがない(いろんな意味で)。

タイムカプセルに入れたものは当時とても大事にしていたものですが、中学時代の同級生に会いたくないので、諦めるしかなさそうです。友達に頼んで取ってもらうというのも考えましたが、自分は参加しないのに参加する友達に取るよう頼むのは申し訳ないという気持ちになったので、友達には何も知らない状態で純粋に楽しんでもらいたいと思います。

いじめられていた頃の詳細は…そうですねぇ、『悪嵐の汚部屋。さん。』に書こうかな。ダークかもしれないので、この『悪嵐の汚部屋。いち。』には書かないでおきます。

さてさて、暗い話はそこまでにして…20歳になって楽しいと思ったことを書きます。

20歳になったことでお酒!お酒が飲める!

内定をくださった企業さんの懇親会とかで、お酒を飲む機会が何回かあったのですが、もう美味しくてたまらないです。最高。

その中でも、僕はピーチソーダカクテル(正式名称はわからないけど、ピーチソーダのカクテルということはわかる)が好きです。ていうかあれはお酒じゃないレベル。普通にジュース。炭酸があまり得意じゃない僕でも普通に飲めました(ちびちび飲めば炭酸は大丈夫であることが判明した)。また飲みたいなぁ。

他にも別の日に家でいくつかお酒を飲みましたが、まだ僕の味覚はこどもなので、ビールやワイン、日本酒などを一気に飲むことはできませんでした。

早くおとなの味覚になりたいですねぇ。ウニがようやく食べられたのでおとなの味覚に近づいているのでしょうが…まだまだまだまだ幼いみたいです。

創作物について。

f:id:Alarn99_717:20181121084444j:image

僕は、別のブログサービスで投稿してきた小説以外に、いくつか小説を書いていましたが、それらをこの汚部屋に入れていいのか…迷っています。勇者一行シリーズではなく、完全オリジナルな百合小説だったり、実在の人物の名前を借りた夢小説だったり、…さすがに夢小説はよくないと思うので、投稿するとしたら、その人の名前は別の名前に差し替え、ストーリー自体はそのままの小説にすると思いますが。

そういうのが苦手という人がいると思うので、『悪嵐の汚部屋。そのに。』に、黒歴史に近い小説達は投稿しますかね…。限定公開にしますが…。